FC2ブログ

記事一覧

Quest19 精神的に受験生であると思い始めること

こんにちは、二月も終わりに近づき身が引き締まります、わたマータです


今日はよく言う勉強時間について思ったことを少し書きたいと思います



東大に合格するために毎日10時間勉強するとか、毎日何時間勉強しなきゃ東大に受からないとか、たまに聞くことがあります
勉強量は少ないと問題外で東大に受からない場合が多いと思いますが、その考え方そのものが東大に合格する人のそれではないと思います

少なくとも理科三類は何時間勉強するとかで受かるところではないはずです

なぜこのように述べたかというと、再受験する前の闇雲に勉強してた自分でも理科一類、理科二類に関しては浪人してからはA判定で本番も合格点を超えていたため、合格点が総得点に比べ比較的低い理三以外ならば、計画性がなくとも得意分野があると合格する人もでてくるであろうと思ったからです
(楽々に超えてたわけではないので理三受験生としては記念受験とバカにされてもおかしくない点数でした、とても悔しいことですが)

一つの側面として、時間ではなく能力を身につけれるかどうかなのだと思います
時間をかけても身につかなければその時点においては失敗です
「失敗は成功の基」、「失敗は成功の母」という言葉もありますが、失敗がよかったと思えるのは、成功したときに失敗から学んだことが役に立った時であり、ただ失敗したままではなんの意味もないはずです



大学受験で求められる能力を身につけるためにどうすればよいか、必要性から自分の勉強をマネジメントしていくという視点で考えたならば、毎日何時間勉強しようといった視点はでてこないのではないと思います
もちろん科目間のバランスをとるために時間で区切るという考えはとても重要なので何時間なんの科目勉強するなどと決めることは大事だと思いますけどね



やるべきことをやっていたら時間がいつの間にか過ぎていて、時間が足りないなあと感じ始めることが、精神的に受験生が始まったといえるのではないでしょうか


短いですが今日はこの辺で


↓もしよかったら押してください

東大受験生ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント