FC2ブログ

記事一覧

Quest26 効果的な模試の使い方の提案

こんにちは、一日に二回投稿は初めてです、わたマータです



今回は、模試の受け方、復習の仕方について僕なりの考えを提案したいと思います


模試で点数がとれない時、どのようなことが考えられるでしょうか




僕が思いつく中だとこれらですかね

①時間が足りない
②ケアレスミス
③考え方が身についてなかった





①の場合。練習するしかありません
計算力を上げたり、考え方を反復練習たくさんする必要があります
僕個人の意見としては、100%完璧なものでなくてもよいから頭の中だけで復習する時間を設けるのがよいと思います
寝る前の布団の中であったり、散歩中であったり
参考書が見れないところがとてもよいと思います
あと、書いて勉強してると書くスピード以上に頭の速さが鍛えられないので、頭の中で考える練習はとても大事だと思います



②の場合、普段から見直しの練習をしていない場合が多いと思います
僕の過去の経験では、模試や本番で見直しすればよいと決め込んで普段の勉強で見直しを等閑にしてました
普段見直ししてないと、見直しの能力が向上しないので見直しの精度がどうしても下がってしまうんですよね
間違いを列挙して傾向をつかむという方法も効果的だと思いますが、この方法だとその傾向を覚える必要があり、数学の解法暗記とさして変わらないような感じになってしまう気もするので、普段から見直しの能力を向上する方が理にかなってるのではとも思います



③の場合、すぐにあきらめるのはよくないと思います
ここで何を考えてほしいか、それはどんな知識や能力があればこの問題が解けるのか書き込むことです
自分に何が足りなくて解けないのか、どのような知識があれば解けるのかを考えることです
また、何かを仮定してこういう問題だったら解けるのにこの問題はそれがないから解けない、といった考察もとても重要ですよね
これは模試が終わって復習するときにも当てはまると思います

すぐに解答見てそれを理解するのもある程度の効果はあると思います
しかし、何があれば解けるのかを考えて、その上で参考書を使って調べて解答するというプロセスはとても思考力が鍛えられますし記憶にも残りやすいはずです

そうとはいえ、時間が有限なのでわからない理由すらわからない問題は解答を見ざるをえないかもしれません
解答をみて何を使ってるかをみるだけにして、参考書を使って自分で解くようにしたらよいと思います


解答を安易にみることは、どうしてその解法を使うのかを考えるプロセスをなくしてしまって定期テストしかとれない人になってしまう恐れがあります



①から③以外にも点数がとれない原因があるかもしれませんが、興味深い原因があればまた考察してみたいと思います


二度目の投稿でした

↓もしよかったら押してください

東大受験生ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント