記事一覧

Quest29 再受験を決めた理由 成長

こんばんは、392を超えていきたい、わたマータです



今日は東京大学の合格発表の日でしたね

喜びの数の倍、悲しみもつらさも生まれたことでしょう




今回は僕が再受験を決めた理由を書いていきたいと思います



端的に言うと「成長」したかったからです

今の大学の生活において、自分の限界と多忙な日々に苦しんでいました



今いる大学は、世間的にみたら決してレベルの低い大学ではないと思いますし、偏差値的にも決して低くはありません


今の大学の入試においてはかなり点数を取り、合格最低点に200点ほど差をつけました



浪人はしていたもののトップクラスの成績で入試に合格し、自分は頭がよいと思い込んでいました


それは幻想でした



ただ、入試が解けただけでした






入試と大学における勉強に求められることは、性質が異なり、なにもかもうまくいかずどんどん落ちこぼれていく感覚に襲われました

しかし、それは落ちこぼれていくのではなく、もともとから入試を超えた能力や頭の良さがなかったのです




だからと言って、受験勉強が無意味ということではないです

たぶん、定期試験は取れるのに入試で点数がとれないそれと似ているのだと思います




頑張れば大学の勉強についていけるのに、自分の能力に限界を感じてしまい、頑張ってもこの程度かと思うとどうしてもやる気がでてきません


そして、忙しすぎてもともとの能力をあげればよいとも思えませんでした



このままではただ流されて生きていくだけで、将来の自分の限界、あるいは死ぬまで決定されてしまっているかのような感覚に襲われました


希望が持てなくなっていました


そんな中、どうしてもがまんできず、再受験したいといいました
しかし、両親に何度も相談しても反対されるばかりでした


実家は裕福でもないし一人っ子でもないので反対するのも当然です


何度も喧嘩もしました


お互い泣くこともありました



自分が親不孝だなと自分自身悲しくなることもありました


自分の人生と親孝行を天秤にかけることもありました


どんなに考え直しても再受験したい気持ちが変わらず、勘当されても自分で稼いで東大理三を受けると両親に打ち明けました


覚悟がありました


働きながら受験勉強するのはとても大変なのは言うまでもないでしょう


ロンブーの淳さんを誹謗中傷する方も多いですが、社会に出てない受験生や大学生が安易に批判するのは間違いだと思います

正直なところ合格するのは厳しいとわかってました


それでも、少なくとも僕は勇気付けられました

僕が受験を決意した一要素でもありました



その後、紆余曲折ののち、自分の覚悟や気持ちが両親になんとか伝わり、受験を認めていただきました

働きながらの勉強にならなくてよかったという気持ちよりは、認めてくれて味方になってくれた心強さが勝りました



この一年は受験勉強の一年ではありません

もしも東大受験がただ覚えたり問題集をやるだけならば、僕は再受験を決意しませんでした

もちろん東大に入りたい気持ちは以前よりも強くなりました

でも、再受験を決意した理由はやっぱり「成長」なんです


過去に超えれなかった壁を放置している自分を許せない自分がいました


東大に入れないから他の大学でがんばろうというのは素晴らしいとは思います

しかし、自分はそんなに器用ではなかったですし、逃げてるようにしか思えなかったんです
では、他の大学でがんばるとしてどうなったら壁を超えたと言えるのか?それがわからなかったんです

自分に厳しい人ならば他の大学でもがんばれると思います
でも、越えるべき「その壁」が曖昧だと自分に甘くなるのではないのか思うのです

限界を超えたい、成長していきたい、妥協したくない

東大を落ちたリベンジは東大で返したい

これらの考えが僕の中で占めていました


しかし、今は少し違います

東大に入るために成長するのではありません


東大で成長するために、受験勉強などを通じて成長したいと思ってます
能力を向上させたいと思ってます



最後まで諦めない人が目標にたどり着ける

そう信じて努力…







↓もしよかったら押してください

東大受験生ブログランキング









スポンサーサイト

コメント

すごい

読んでて涙が出てきました。
私は自分に正直に生きられる人に憧れます。
世間の目や家族との衝突などあったとしても、自分の芯を貫く姿勢。
なかなかできることではないです。
このブログを読んで、私も自分に正直に生きようと思えました。
人からどう思われようが、カンケーない。
自分が決めた道が正解。
あとは自分を信じて突っ走るのみですよね。
人生一度きり。死ぬ時後悔しないように私も頑張ります!

Re: すごい

> 読んでて涙が出てきました。
> 私は自分に正直に生きられる人に憧れます。
> 世間の目や家族との衝突などあったとしても、自分の芯を貫く姿勢。
> なかなかできることではないです。
> このブログを読んで、私も自分に正直に生きようと思えました。
> 人からどう思われようが、カンケーない。
> 自分が決めた道が正解。
> あとは自分を信じて突っ走るのみですよね。
> 人生一度きり。死ぬ時後悔しないように私も頑張ります!


henryさん
流暢な日本語でコメントありがとうございます


ハイデガーはこう言いました
「人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない」

人間が無限の可能性を持っている一方、死という何人も避けることのできない有限性に閉じられています
死んでしまうときは孤独です
今いる世界のものは何も持っていけません

他人の目という曖昧な存在に対し最大の価値観をもって生きていては死ぬときに残ったものはなにもないと思うのです

僕はまず自分自身を見つめなおすことが出発点でした

過去の自分は、環境に映った自分の姿を大事にしているのか、それとも何も見えてないのか
そんな時代を繰り返し繰り返しさまよっていました

自分がいつか死ぬことを強く感じることができたならば人間をちょっとだけ高く飛ばせてくれるのかもしれません

henryさんの人生、どのように大変に過ごされてきたのかわかりませんが、僕のブログを読んで頑張ろうと思ってくれるならばこれ以上の幸せはないです
お互い頑張りましょう





コメントの投稿

非公開コメント